看護師の悩み解決専門アドバイザー
 
坂口 千絵

看護師/ライフコーチ/メンタルカウンセラー

           セミナー講師/雑誌・WEBライター/コラムニスト

1972年、北海道室蘭市生まれ。札幌市在住。

 

 

こんにちは。

 

たった一時間で

看護師である

あなたの悩みを

解決の方向へ導き、

モヤモヤから脱する

きっかけを創るプロ。

 

看護師専門アドバイザー

坂口千絵です。

 

・看護師歴25年以上

・新人教育歴17年以上

・コーチングコーチ資格保有

・カウンセリング資格保有

・ビジネスライター

 

の経歴をもっています^^

 

私は現在、現役看護師として働きながら、

全国の看護師さんに仕事の悩み相談を

しています。

 

また、たくさんの大手企業様に

ビジネスライターとしてご採用

いただき、おもに看護師さん向け

の記事を提供しています。

 

30歳半ばを過ぎるまで、

看護師以外の道なんて考えたことも

なかった私が、どうしてビジネス

ライターや看護師さん専門で

個人相談をしているのか。

 

そこには私の人生において

とある「一貫した信念」

があったからでした。

 

-----

 

「30歳半ばを過ぎるまで、

看護師以外の道を考えたことも

なかった」

 

と言いつつ。

 

これまで私は、看護師に対する

興味や憧れがまったくありませんでした。

 

 

そんな私がなぜ、看護師を

目指したのか。

 

 

きっかけは、

 

「これからの時代は、手に職を持った

ほうが絶対にいい」

 

という看護師の伯母の一言でした。

 

 

毎日ひたすら勉強し、受験した

看護学校4校すべて合格!

 

我ながら幸先の良いスタートを切る

ことができました。

 

 

【進級もヤバかった!看護学校時代】

 

良くも悪くも存在感が強く、何かにつけ

目立つ私は、教務や実習指導者からも

目をつけられました。

 

「どうして私だけが怒られるの?」

 

と思うこともしばしば。

 

 

要領も悪く、看護技術の演習は

何度も不合格。

 

進級も危ぶまれましたが

それでも、なんとか進級でき、

ひと安心。

 

 

その後、就職先を考えていたとき、

 

たまたまテレビで、とある病院の

ドキュメンタリーを観ました。

 

 

映っていたのは、

一人の患者さんに何ができるのかを

懸命に考え、

 

患者さんの可能性を信じ、

看護をする看護師の姿。

 

 

「目の前にいる人の人生を。

 

その人の可能性を最大限に引き出せる

看護ができる病院って、なんて

素晴らしいんだろう!」

 

 

感動した私は、

 

「絶対に、この病院で働く!!!」

 

と、熱い思いを胸に

念願の病院に就職しました。

 

 

【看護師としての誇りと苦悩】

 

もともと、とても要領が悪い私は、

同期のなかでも落ちこぼれでした。

 

仲間は、いろいろな仕事を

任せてもらえるのに、

私だけが任せてもらえない。

 

でも、3年目からは本格的に

リーダー業務もするようになり、

仕事も覚え、とても楽しかったです。

 

 

当時、19歳で交通事故に遭遇し、

片麻痺、意識障害となった男の子の

プライマリーになりました。

 

 

「目の前にいるこの子の人生を、

私が変えてみせる。絶対に社会

復帰させる!」

 

 

そんな熱い思いから、

 

「私が立てた看護計画は、

とても労力を要するものだけど、

必ず毎日、実施してほしい」

 

とスタッフに懇願。

 

 

先輩からは、

 

「たくさんの患者さんがいるのに、

一人の患者さんだけ特別扱いはできない」

 

と、苦言を呈されましたが、

 

 

「19歳の未来ある彼のために、

やれるだけのことは全部やってあげたい」

 

と言い切り、協力してもらいました。

 

 

その後、彼は、見事社会復帰し、結婚。

 

お子さんも生まれ、幸せな生活を

送るに至るまで回復したことは、

とても嬉しく、誇りに思っています。

 

 

月日は流れ、看護師6年目。

 

新人教育担当のリーダーに任命されました。

 

 

当時は教育方法もまるでわからない状態

でしたが、責任感の強い私は、毎日毎日、

必死で4人の新人を同時進行で教育しました。

 

夜遅くまで残り、指導と振り返りの日々……。

 

 

スタッフには、

 

「そんなに詰め込まなくてもいいのでは」

 

「遅くまで残される新人さんたちが可哀相」

 

と批判されました。

 

 

何が正しいのかわからない。

 

だけど、一度、漕ぎ出した船から

途中で降りるわけにはいかない……。

 

苦悩の連続でした。

 

 

【夢や希望に胸を膨らませて

就職したのに、現実は……】

 

「目の前にいる人の人生を。

その人の可能性を最大限に引き出せる

看護ができる病院って、なんて

素晴らしいんだろう!」

 

 

そう思って夢や希望を抱いて就職

したのに、実際には平均在院日数は

どんどん短縮され。

 

せっかく良くなる兆しが見られた

患者さんも、すぐに転院してしまい、

状態が悪化してしまうかその後の

状況がわからない。

 

 

「患者さんに十分な看護ができない」

 

 

そんなジレンマに苦しみながらの

毎日。

 

 

いつしか私は、

 

「患者さん一人ひとりに十分な

看護ができないなら、看護師

やってる意味なんてない」

 

と思うようになりました。

 

 

あまりにも多忙な仕事を

流れ作業的にこなすだけの日々。

 

 

鳴り止まないナースコール。

 

 

転倒・転落する患者さんも

後を絶たない。

 

 

オムツ交換、食事介助、口腔ケア……。

点滴管理、急変対応、経管栄養の施行……。

 

 

時間内に看護記録も書けない。

 

 

気力が失せ、どんどん疲弊しているのに、

多重業務は増えるいっぽうで心の余裕も

ない。

 

 

当時、ひたすら頭をよぎった言葉は、

 

「もう辞めたい……」

 

でした。

 

 

「患者さんに優しくできない」

 

 

自分で自分を信じられなくなった

私は、ある日のオムツ交換で、

 

全更衣しなければならないほどの

尿失禁をしている患者さんを

みたとき。

 

毎日当たり前のように行って

いた看護業務だったのに。

 

「あ。もう、限界」

 

と思い、その日のうちに別の

職場に面接の約束を取り付けました。

 

私は、これまでのキャリアも責任も

投げ捨て、逃げるように7.5年勤めた

職場を退職したのです。

 

【はじめての転職、そして人生の転機】

 

29歳にして初めて「転職」した私は、

相変わらず要領が悪く、なかなか仕事を

覚えられずに先輩たちから白い目で

見られていました。

 

前の職場ではバリバリ、夜勤もしてたし、

リーダー業務もしていたのに、

 

「あの人、夜勤に入って大丈夫なの…?」

 

とも言われました。

 

先輩たちに悪口を言われていることを

別の先輩が私に教えてくれたり。

(余計なお世話です(爆))

 

そんなこんなで、まあ、本当に

イヤな思いをたくさんしました。

 

それでも、この職場を辞めなかった

理由はただひとつ。

 

「マンションのローンを

払い終わるまで、辞めるわけに

いかないんじゃー! ボケー!!」

 

…ものすごい怒りを原動力にし、

ひたすら耐えしのびました。

 

 

3年ほど過ぎ、再び仕事もできる

ようになり、再び教育担当のリーダーに

なりました。

 

そのころから私は、とある後輩に対し、

精神的苦痛を抱くようになります。

 

 

生意気、命令口調、上から目線、

作話、非を認めない、自分が評価

されることが一番大事、攻撃性が

高く「自分が一番」。

 

なんでも人のせいにする……。

 

 

そんな彼女をどうしても受け入れる

ことができなかった私。

 

そして、そんな自分を許すことが

できずに、私はどんどん自分を

追い込んでいきました。

 

心が苦しくてどうしようもない

という体験をこれでもかという

ほど、味わいました。

 

 

そんな矢先に、たまたまネットで

ものすごく惹かれるサイトを見つけ、

無我夢中で一日かけて読みました。

 

 

「ところで、この人の職業は

何だろう?」

 

 

とプロフィールをみたとき、

「コーチングのコーチ」である

ことがわかり。

 

 

「札幌でコーチングの資格を

取れる学校はないのか?」と検索し、

とあるコーチングスクールの体験会に

参加しました。

 

 

「私が求めていたものは、これだ!! ! 」

 

 

その場で入学を申し込み、50万円

以上のお金を迷いなく払いました。

 

 

これまで、社会人として付き合いが

あったのはほぼ看護師仲間だけの

私にとって、いろいろな職種の人と

ともに学べるのは刺激的で貴重でした。

 

 

哲学、心理学、物事の本質、生きる智慧、

コミュニケーション方法……。

 

本当にたくさんのことを学びました。

 

 

そして、コーチングのコーチの資格を

とったあとは、カウンセラーの資格も

とりました。

 

 

その後、結婚退職で現職の看護師を

離れ。

 

 

1年弱で夜勤専従看護師として

仕事を再開し、現在にいたります。

 

 

正社員として末永くひとつの病院で

働き続けることは、当時、私にとって

大切な価値観だったので、

 

「看護師」にも多種多様な働きかた

があることすら気づきませんでした。

 

でも、「働きかた」って自由なんだ

と気づいてからは、選択肢が増えました。

 

 

【人生で一番の絶望を経験】

 

 

2016年6月。

 

 

20年以上、連れ添ってくれた主人が

5ヶ月と5日という短い闘病生活で

54歳の若さで亡くなりました。

 

 

私たちは、自他ともに認める

おしどり夫婦でした。

 

 

突然の発病。

 

坂道を転がり落ちるかのような

スピードで日々、悪化する病状。

 

 

愛するひとの死なんて

とうてい受け入れられない。

 

 

身体的・精神的に限界でしたが

現実から逃れられない苦しさで

潰れそうでした。

 

 

最期まで苦しみ抜いて

亡くなった主人のことを

思うと、今でもとてもつらいです。

 

 

あんなにいつもそばにいて

一緒に笑っていたのに。

 

私にとっての主人は、けっして

大げさではなく、

 

人生における「すべて」でした。

 

 

 

たぶん、ここまで長い私の

プロフィールを本気で読んで

くれている方はあんまりいないと

思うので、だいぶ、ノロけます(笑)

 

 

この世に永遠はないと知りつつも。

 

 

それでも私は永遠に主人のことが、

今も、そして、これからも。

 

 

ずっと、ずっと、大好きです。

 

 

そんな彼が私の目の前から

いなくなってしまったなんて

未だに嘘みたいです。

 

 

それから2年以上の間。

 

 

私は完全に生きる気力をなくしました。

 

毎日毎日、主人を思って泣いてました。

 

 

泣いても叫んでも。

 

どんなに寂しくてもつらくても。

 

 

笑顔の主人にはもう、2度と

逢うことができない。

 

 

「いつになったらあの世に行ける

んだろう…」

 

 

毎日、そんなことばかり考えていました。

 

私の朝はため息から始まり。

 

寝る前は涙で終わっていました。

 

 

自分の人生なんて「消化試合」だと、

本気で思っていました。

 

 

これからの私の人生。

 

何事もなく、無難に。

 

 

ささやかだけど

ちょっとだけ美味しいものを

食べて。

 

テレビを見て。

 

読書して。

 

自分だけのために、時間を

使おう。

 

と。

 

それでいい。と本気で思ってました。

 

 

看護師さんへ向けての

個人セッションは、楽しかったので

これまでと変わりなく続けていました。

 

 

とくに看護師さんとのセッションを

していると。

 

驚かれるんです。

 

 

「どうして、そんなことまで

わかってしまうんですか?! 」

 

「そんな考えかたがあったなんて……」

 

そして、ものすごく喜ばれるんです。

 

「もっと早く相談していれば良かった…」

 

「前よりすごく楽になりました!」

 

「仕事が楽しくなってきました!」

 

 

そんなお客さまの声を聞けば聞くほど、

 

「…あれ?私って、本当にこのまま、

消化試合の人生でいいのかな?」

 

「私が持っている能力を使わないのって、

すごくもったいないんじゃないのかな?」

 

と思うようになりました。

 

 

「どうせ死ぬまで生きなきゃならない

のなら、誰かのためにこの命を、

才能を、能力を使い切りたい」

 

今では、そんなことを考えています^^

 

 

私の「一貫した信念」とは。

 

 

「目の前にいる人の人生に深く

かかわり、可能性を見出し、

それを引き出すこと」

 

 

そんな思いから、全国にいる

たくさんの看護師さんとご縁があり、

現在も楽しく個人セッションをしています。

 

 

これを読んでいるあなたの人生に

深くかかわり、あなたの可能性を

見出し、それを引き出す。

 

 

それを目標に、日々、

チャレンジしています! 

 

 

あなたにここまで読んでいただけた

こと、とてもとても感謝です! 

 

 

ここまで長いプロフィールを

読んでくださったあなたとは、

今後、長いお付き合いになりそうな

予感がします^^

 

 

貴重なお時間を使って私のプロ

フィールをお読みいただき、

本当にありがとうございました!

 

 

今後ともどうぞよろしくお願い

いたします^^

 


経歴

看護師として約25年のキャリアを持ちながら、新人教育にも17年以上携わり、各勤務先で新人教育専門のリーダーとして、教育プログラムの作成・実行・新人指導を途切れることなく継続的に行い、教育システムの確立、管理を行った実績を持つ。

部下の育成・指導が得意でもあり、専門分野でもある。

新人教育に長年、携わる中、自分が本当にしたいことは何かを立ち止まって考えた時。

若い頃から「困った時の相談役」と言われ、友人や職場仲間の相談役になっていることが多く、沢山の仲間の悩み事の解決に一役買う人生を歩んできたことを生かしたいと考え始める。

自分が新人だった時代に、「ダメ新人」のレッテルを貼られ、陰口を言われたり、患者さんの前で怒鳴られたりと数々のいじめを経験した立場と、実際に新人教育を行う役職についた時に、周囲の指導のやり方に苦悩している後輩たちのメンタルサポートをする立場の両方を経験した時に、患者さん中心の看護を行うステージから、スタッフの心のサポートを行うステージへと、自分の使命が変化していることに気づく。

医療従事者の悩みやストレスの軽減・解消は今の現代社会においては必須であるにも関わらず、未だ改善不十分で、ストレスがますます増大する環境に疑問を感じ、本格的に「メンタルサポート」を専門として活動することを決意。

2007年にコーチングのスクールでプロとしての専門的知識・技術を習得し、CTC(コーチ・トレーニング・コミュニティ)認定コーチの資格を取得。

新人教育、スタッフの育成にもコーチングの知識・技術を存分に生かしていくと同時に、知人・友人・職場仲間達の人生相談もますます増え、一般人向けにも数々のセッションを行い、経験を積んでいく。

そんな中、「その人が、自分が持っている力を取り戻し、幸せな人生を歩むためには何が必要なのか」を深めるために、潜在意識を専門に取り扱うカウンセラーの資格も取得。
 
また、独学で数年に渡り、心理学・精神哲学・潜在意識活用方法・コミュニケーションについても学び続けている。

現在は、教育についての経験が豊富であることが大手企業にも認められ、専門誌の寄稿など、ライターとしても活動を行い、個人セッションにおいては、コーチング・カウンセリングの枠にとらわれず、これまで学んだ集大成の知識・技術を生かし、クライアントにとっては「美味しいとこどり」を意識したオリジナルのセッションを展開している。

 

コーチング・カウンセラー関連実績

CTC(コーチ・トレーニング・コミュニティ)認定コーチ
CTCアドバンスコース受講修了
CTCスピーカー・トレーナー養成講座受講修了
CTC認定トレーナー養成講座受講修了

メンタルカウンセラー
  
セミナー講師

・医療者向けコミュニケーションセミナー開催
・中小企業様向け「充実コーチング講座」開催
・一般向け「ライフ・コーディネートセミナー」開催

・某有名進学塾講師向けコミュニケーションセミナー開催
 
雑誌・WEBライター(ライティング実績)

2012年 

日総研「ナースマネジャー」連載(2012年7月号~2013年2月号)

第1回
「あなたの当たり前が覆される?!スタッフとの接し方を振り返ろう」

第2回 
「師長は私の気持ちをわかっていない!スタッフの不満の解決方法」

第3回
「どこの職場にもいる困ったスタッフ 不平や不満ばかり言うスタッフと何も言わないスタッフとの接し方」

第4回
「いじめるスタッフ・いじめられるスタッフに師長はどうかかわる?」

第5回
「いじめられる側」へのアプローチ

第6回
「やる気をなくす、信頼を失う スタッフにNGワードを使っていませんか?」

第7回
「師長自身のメンタルケアについて考える~私のこの辛い思い、どう解決したらいいの?」

第8回 「やり手師長さんに聞きました!状況別・スタッフタイプ別の上手な接し方」
 
2013年

3月号 メディカ出版 ナーシングビジネス3月号

「なぜ難しい?オリエンテーション指導」

 

日総研「ナースマネジャー」特別連載(2013年10月号~11月号)

「師長・主任の仕事を気持ちよくスムーズに!タイプ別・場面別で学ぶ医師との上手な付き合い方(前編・後編)」

 

・看護技術・お悩み相談専門ライティング(ナースハッピーライフ)

 

2014年


・看護技術・転職専門ライティング(ナースハッピーライフ様)

・美容関連記事ライティング(スキンケア大学様)

・看護専門ライティング(ナースプラス様)

 ・コラム(「坂口千絵の幸せ看護師のつくり方」)          8 月~連載開始

 ・ネガティブな感情をポジティブに「ネガポ」なコトバ 9月~連載開始

 ・業界ニュース情報便                11月~連載開始

   ・知らなきゃ困る!?今さら聞けない一般常識     12月~連載開始

 

2015年

・看護専門ライティング(ナースプラス様)

 ・コミュニケーション術・マナー講座         2015年1月~連載開始

・某大手製薬会社メルマガコンテンツ作成

・日総研「看護主任業務」5・6月号

「ネチネチ・嫌味・派閥…職場の面倒な人間関係から自分を守る!」

ストレスフリーNavi専属ライター

転職のすべて~看護師の転職成功のカギ

薬剤師のエナジーチャージ「薬+読」おすすめ映画コラム 11月~連載開始

 

2017年

 

・看護専門ライティング(ナースプラス様)

 ・Q&Aで悩みスッキリ~ハッピーナース養成講座   2月~連載開始

 

2018年

・看護専門ライティング(マイナビ看護師様)

 ・看護師転職お悩み相談室             2月~連載開始